この度、令和元年台風第19号災害により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
ha-to

株式会社ジオコード(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:原口大輔、以下、ジオコード)は、
令和元年台風第19号災害に対して、従業員より寄付を募り、集まった金額と同額を会社が上乗せして
拠出する「マッチングギフト」による義援金の寄付を実施しました。

今回のマッチングギフトにより集まった義援金は、日本赤十字社が実施する「令和元年台風第19号災
害義援金」を通じて、被災者の皆様の救済や各被災地の復旧を目的とした寄付となります。

ジオコードの企業理念の一つに次のような内容があります。
『利益を生みだし、納税、雇用の創出、または直接的に社会に貢献する。』
これに倣い、今回は下記の1箇所計1,266,200円を寄付いたしました。
また、今後も毎年利益の1%か、最低100万円以上を使い社会貢献活動を行なって参ります。

■義援金の寄付
寄付日:2019年10月28日
寄付金:1,266,200円
寄付先:日本赤十字社
備 考:従業員から633,100円、ジオコードから633,100円、合計1,266,200円)
※全従業員の約80%が賛同

■ 社会貢献活動一覧
https://www.geo-code.co.jp/philanthropy/